MENU

そんな感じでデブでブサイクな男と何日かラインでやり取りをしてから、私たちは実際に会ってみることになりました。相手の男は昼間仕事をしているので、私の仕事が休みの日に会う約束をしました。ちなみに相手の男、性欲が強い割に結構優しくて気が利く人みたいで、まずは緊張をほぐすために食費をしようと誘っていました。私はヤリマンなので会ってすぐにセックスでもよかったんですけど、なんだかその優しさが嬉しくて、食事に連れて行ってもらいました。あ、ちなみにこれは余談なんですけど実際に会ってみたも想像していた通りのブサイクさでした。でもガッカリすることはありませんでした。デブが食事のために連れて行ってくれたのはなんとオシャレなイタリアン。なんでもこの男はセックス以外に食べ歩きが趣味で、離婚をしてからはひとりで色々なお店を回っているそうです。だから美味しくて雰囲気のお店をいっぱい知っているそうです。だからデブのクセにちゃんと女の子をエスコートできるんですね。ちょっと見直しちゃいました。もちろんだから太ってるんだなって思いましたけど。

 

食事を済ませると相手の男は「どうしますか。今日はとりあえず帰りますか」と言ってきたので、私は「何言ってんの。何しに来たと思ってんの。食事は美味しかったし連れて来てもらってうれしい。だけど本番はこれから」と言ってデブの手を引っ張りホテル街へ。デブは私されるがままです。なんかそんな姿を見ていて凄く可愛いなって思っちゃいました。普段イケメンといっしょにいるから新鮮に感じたのかもしれません。いや、むしろこのデブとハチャメチャにセックスをしたいって思っていたからなのかもしれません。いずれにしても好感が持てる男でした。

 

ホテルにつくと私たちは一緒にシャワーを浴びて、もう狂ったかのように求め合いました。私の予想は当たっていました。このデブ、ブサイクな癖にかなりセックスが上手かったです。太っているからあれがちょっと小さ目なんですけど、そんなマイナスポイントを忘れさええるくらい上手でした。私は大満足です。

 

筆者がご用達のサイト登録無料
恋愛応援サイト一覧
私がセフレを調達しているサイト